片岡球子

取扱い作家紹介 > 片岡球子

片岡球子「銀色になった富士」(リトグラフ)
片岡球子「銀色になった富士」(リトグラフ)

画廊アガティは片岡球子の版画・原画をお取り扱いしております。

片岡球子の紹介

雲遊ぶ富士
雲遊ぶ富士

片岡球子は、日本画の作家です。
従来とは型破りな構成や色使いを貫き、それまでの日本画の概念を覆すような作風を確立しました
画家志望へ反対する親の勘当、何度もの落選、異色を放っていた作風に対する批評などを潜り抜け、自分の絵画に対する在り方を生涯曲げることはありませんでした。
最終的には、文化功労者・文化勲章を受章し、その作品の評価は今では多くの人が認めることとなりました。
版画に関しても、原画を渡して刷り師に任せるといったことをせず、作品の色、刷り方や表現などを綿密に刷り師と相談し作り上げています。

略歴

明治38年(1905年) 北海道札幌市に長女として生まれる。
大正7年(1918年) 北海道庁立札幌高等女学校卒業。
昭和2年(1927年) 第8回帝展に出品するが落選。
昭和4年(1929年) 師・吉村忠夫に院展に出品したいと相談し、破門となる。
昭和5年(1930年) 再興第17回日本美術院展で「枇杷(びわ)」初入選。
昭和8年(1933年) 第20回院展に「学ぶ子等」を出品し再入選
昭和10年(1935年) 日本美術院絵画部第19回試作展に「炬燵」が入選。試作賞。
昭和17年(1942年) 日本美術院絵画部研究会への横山大観の課題「雄渾」に「祈祷の僧」を発表、大観賞。
昭和36年(1961年) 「渇仰」が昭和35年度文部省買上優秀美術品となる。
昭和61年(1986年) 文化功労章に列される
昭和64年(1989年) 文化勲章受章
平成20年(2008年) 103歳で死去。叙従三位。

片岡球子の原画

※画像クリックで拡大、作品名クリックで個別の作品紹介ページに移動します。



購入や作品などに関するご質問は
こちらからお問い合わせ下さい。

片岡球子の版画

※画像クリックで拡大、作品名クリックで個別の作品紹介ページに移動します。

購入や作品などに関するご質問は
こちらからお問い合わせ下さい。

片岡球子版画集(マリア書房)

 

片岡球子画集
片岡球子画集

価格:41,040円(税込)+送料

画集を購入する

Art Gallery

ページ上部へ