千住博

取扱い作家紹介 > 千住博

千住博「タイドウォーターⅠ」
千住博「タイドウォーターⅠ」

画廊アガティでは、もっともポピュラーな滝をモチーフとした作品「ウォーターフォール」をはじめとして人気の高い本画や版画の数々を取扱っております。

版画は常時30作品以上ございます。ご覧になりたい方は事前にメールかお電話にてお問い合わせ下さい。

名古屋[TEL.052-841-4417]


千住博のご紹介

千住博「朝光」技法:日本画
千住博「朝光」技法:日本画

千住博は、1958年、東京に生まれ、現在もっとも活躍している日本画家の一人です。
自身の作品への探求から生まれた独自の画風と、一度確立したしたものに囚われずに進化し続ける画家です。

とりわけ有名な作品のひとつに「ウォーターフォール」を上げることができ、滝をモチーフとした作品になります。
その他にも、砂漠、誰もいない街並み、森、岩肌、海、寺なども手掛けており、どの作品も人気が高く、入手困難なケースが多いです。

現在、美術業に限らず、羽田空港新ターミナルの作品展示、博多駅アート計画、大徳寺聚光院の襖絵など、社会的な貢献(パブリックアートと呼ばれており、全版画集にも収録されています)も多数行っており、版画作品の発表も減っています。

千住博を師事する画家には菅かおる今川教子などがおり、独自の美しさが追求されています。


⇒千住博の版画作品を見る

⇒千住博の原画作品を見る


千住博の略歴

千住博「ウォーターフォール#2」(技法:コピートナーアクアチント)
千住博「ウォーターフォール#2」(技法:コピートナーアクアチント)
1958 東京都に生まれる
1982 東京芸術大学美術学部絵画科日本画専攻卒業 稗田一穂、杉山寧両氏に師事
1987 東京芸術大学大学院博士課程修了
1989 マンリー市立美術館「千住博展」(シドニー/オーストラリア)
1992 マックスウェルデビッドソン画廊にて個展(ニューヨーク/アメリカ)
1993 「ニューヨークギャラリーガイド」の表紙に選出される
1994 絵本「星の降る夜に」刊行(冨山房)
ボローニャ国際アートブックフェアに選出される。(ボローニャ/イタリア)
第4回けんぷち絵本大賞受賞
第7回MOA美術館岡田茂吉賞絵画部門優秀賞受賞
1995 第46回ベネチア・ビエンナーレで東洋人としてはじめて絵画部門での優秀賞を受賞(ヴェネチア/イタリア)
「千住博画集」(ビジョン出版)刊行
1996 千住博ウォーターホール&グラッセス展」(彫刻の森美術館)
「JAPAN TOUR 1996 千住博展」全国主要17都市を巡回
1997 文化庁優秀作品(同買上)、外務省買上、以降毎年買上
バーゼルアートフェスタに出品
1998 大徳寺聚光院別院の全襖絵の制作に着手
「西洋の目・21世紀の絵画」展にて河北倫明賞受賞
2000 人間国宝野村万蔵家新十二支扇面を制作
2002 大徳寺聚光院別院の襖絵初公開
第13回MOA美術館岡田茂吉賞絵画部門大賞受賞
「水墨の香り」韓国・ソウル国立現代美術館
2003 グランドハイアット東京の壁画制作
「絵画の現在」(新潟県立万代島美術館)
2004 羽田空港第2ターミナルのアートディレクターを務める。

 


千住博の本画作品(原画)

版画とは違い、この世界に一つだけ存在する作品となります。

※画像クリックで拡大、作品名クリックで個別の作品紹介ページに移動します。



価格はお問い合わせください。


千住博のオリジナル版画

版画も大変人気があります。
千住博は元々版画家を志望していたこともあるほどで、
版画への情熱はいまなお消えることはないようです。

作品にはそれぞれエディションナンバーがあり、その枚数だけが世界に存在する限定版画になります。

※画像クリックで拡大、作品名クリックで個別の作品紹介ページに移動します。

作品に関する事、ご購入などは、お問い合わせください。

(売却済みの場合でも作品の情報がありましたり、入荷をしている場合がございます。詳細はお気軽にお問い合わせくださいませ。)


千住博の画集

千住博全版画カタログレゾネ 1988 – 2015

1988年から2015年までに出版された版画、また未発表のものやパブリックアートと呼ばれる駅などの公共施設の壁画などが収録されています。

千住博

価格:16,200(税込)+送料
内容:215ページ 全版画373作〔未発表作品含む〕他パブリック作品16作

画集を購入する

Art Gallery

ページ上部へ