銅版画

美術に関すること > 版画技法一覧 > 銅版画

銅版画には、大きく分けてドライポイントとエッチング(アクアチント)という技術があります。

ドライポイントは、「ポイント」と呼ばれる先端が鋼鉄などの針で、銅板に直に彫って描画します。

ドライポイントは、この「ポイント」によるけずり具合が強く出るため、線の表現に特徴が出やすいです。

また、エッチング(アクアチント)は、銅版の防食と腐蝕を利用して版を作ります。

この技術は、ぼかしやにじみの表現などにも向いています。

Art Gallery

ページ上部へ