山口蓬春

画廊アガティは山口蓬春の作品をお取り扱いしております。

実際に原画をご覧になることができます。
メールかお電話[TEL.052-841-4417]にてお問い合わせ下さい。

作品に関するご質問などは
こちらからお問い合わせ下さい。

山口蓬春の略歴

1893 北海道松前郡松城町に生まれる
1908 このころ水彩画に熱中する
1909 赤坂溜池の白馬会絵画研究所に通う
1912 後期印象派風の油彩画を描く
1915 東京美術学校西洋画科に入学。
1916 第3回二科展に〈漁村の一部〉が初入選。駐日イタリア大使に買上げられる。
1920 校内の日本画全級コンクールで《クリスマスイヴ》が第一席となる。
1923 東京美術学校日本画科を首席で卒業。卒業制作「洛南之巻六題」のうち《晩秋(深草)》、《雨霽(伏見)》が学校買上げに。
1923 帝国美術院主催の第5回帝国美術院美術展覧会(帝展・現日展)に山口蓬春の名で出品、《秋二題》が初入選。
1925 第6回帝展に《神苑春雨》が入選、皇后買上げとなる。
1926 第7回帝展に《三熊野の那智の御山》を出品、特選となり、第2回帝国美術院賞をも受賞、作品は皇室買上げとなる。
1929 第10回帝展で審査員となる。
1932 伊東深水らと青々会を結成。作品集『蓬春会作品集』を発行。
1934 明治神宮聖徳記念絵画館に奉納する《岩倉大使欧米派遣》を完成。
1946 文部省主催の第2回日本美術展覧会(日展)の審査員となる
1971 死去

山口蓬春の原画

※画像クリックで拡大、作品名クリックで個別の作品紹介ページに移動します。

原画に関するご質問、ご購入などは
こちらからお問い合わせ下さい。

Art Gallery

ページ上部へ