伊東深水

取扱い作家紹介 > 日本画 > 伊東深水

伊東深水のご紹介

独特のやわらかな表現による美人画で名を馳せた日本画家です。
鏑木清方に入門し、「深水」の号を受けました。
戦前から戦後にかけて活躍し、画壇をけん引しました。
また、戦後、大量に複製が出回るなど、戦後、死後も人気がとてもある作家です。

伊東深水の作品

※画像クリックで拡大、作品名クリックで個別の作品紹介ページに移動します。

 

作品に関するご質問、ご購入などは

こちらからお問い合わせ下さい。

伊東深水の略歴

1898 東京都深川に生まれる
1908 中山秋湖に日本画を習う
1911 鏑木清方に師事師より生地深川の「深」と清方の清から「水」から「深水」の号を与えられる
1948 『鏡』で第4回日本芸術院賞受賞
1950 白鳥映雪、児玉希望、奥田元宋、佐藤太清等と日月社を結成
1958 日本芸術院会員、日展理事就任
1969 社団法人日展顧問就任
1970 勲三等、旭日大綬章授章
1972 死去

Art Gallery

ページ上部へ