棟方志功

取扱い作家紹介 >棟方志功

画廊アガティは棟方志功(むなかた しこう)の作品をお取り扱いしております。

棟方志功のご紹介

棟方志功は、木版の特徴を生かした作品を一貫して作り続けました。
版画を「板画」とあえて読んだことなどからもそのこだわりが伺えます。
肉筆画作品も、「倭画」と呼ばれ、国内外で板画同様に評価を受けています。

略歴

1903 青森市に生まれる
1920 裁判所の給仕として働きながら絵画を勉強する
1924 単身上京、苦しい生活を続けながら絵の勉強に励む
1928 第8回日本創作版画協会展、第6回春陽会展に版が入選、この年、第9回帝展に油絵初入選
1931 油絵と版画による最初の個展を開催
1932 日本版画協会会員となる
1936 柳宗悦、河井寛次郎らと民芸運動の人々と知り合う。この出会いが以降の棟方芸術に多大な影響を及ぼす。
1952 第2回ルガノ〈白と黒〉国際展で受賞、日本版画協会を脱会し、日本版画院を結成。
1956 第28回ヴェネチィア・ビエンネーレで国際版画大賞受賞。
1970 文化勲章受賞。
1975 東京にて72歳で死去

探している作品がある方、作品の情報があるかもしれません。
こちらからお問い合わせ下さい。

Art Gallery

ページ上部へ