上村松園

取扱い作家紹介 > 日本画 >上村松園

画廊アガティは上村松園の作品をお取り扱いしております。

上村松園の紹介

上村松園は、京都出身の女性の日本画家です。
1948年(73歳)、優美で格調高い女性表現で、新しい美人画の境地を切り開き、女性として初めて文化勲章を受章しました。
序の舞、焔(えん)をはじめとして数々の名作を生み出しましたが、1949年に死去しました。
また、日本画家の上村松篁上村淳之は、それぞれ息子であり孫であることも良く知られています。

上村松園年表

1875 京都府に生まれる、15歳ころから本格的な絵画の基礎を学びはじめる
1887 京都府画学校入学、鈴木松年に師事する
1890 第三回内国勧業博覧会に「四季美人図」出品、このとき、英国コンノート殿下により買い上げ
1900 第九回日本絵画協会・日本美術院連合展で「花ざかり」が銀牌受賞、パリ万国博覧会に「母子」を出品
1902 嗣了信太郎(松篁)生まれる
1924 第六回帝展審査員となる
1956 第一回日展審査員となる
1958 文化勲章受賞
1959 肺癌により死去。享年74歳

版画作品

※画像クリックで拡大、作品名クリックで個別の作品紹介ページに移動します。

ご購入やご質問などはお問い合わせくださいませ。

お問い合わせ

探している作品がある方、作品の情報があるかもしれません。
こちらからお問い合わせ下さい。

Art Gallery

ページ上部へ