ピカソ

取扱い作家紹介 >ピカソ

略歴

1881 スペイン南部マラガで生まれる。美術教師をしていた父のもと、幼少時代から絵画に非凡な才能を示す。
1900 パリに定住。ロートレックの影響を強く受ける。
1901 この年から1904年にかけて青の時代と呼ぶことが多い。配色が重い青色を中心とした暗いものとなっていて、青は貧困や悲しみを象徴しており、貧民を題材に哀感溢れる作品を制作する。
1905 以前と比較して温かみのある色調で旅芸人やサーカスを主題とした作品を描く
1907 キュビズムの記念作『アヴィニヨンの娘たち』を製作。ジョルジュ・ブラックらと共にキュビズムを発展させる。
1937 ゲルニカ作成。パリ万博スペイン館にて発表する。
1953 版画や素描を自己表現的なテーマに集中して制作。版画の『347シリーズ』等多くの作品を生んだ。
1973 死去

探している作品がある方、作品の情報があるかもしれません…!!
こちらからお問い合わせ下さい。

Art Gallery

ページ上部へ