アンドレ・ブラジリエ

取扱い作家紹介 >ブラジリエ

画廊アガティはブラジリエの作品をお取り扱いしております。

アンドレブラジリエご紹介

アンドレ・ブラジリエはフランスの画家です。
1929年に生まれ、1952年以降数々の賞を受賞しました。
鮮やかな色彩と柔かく動きを感じさせてくれるタッチで画面を構成する画風は独自性が高く、一目見て彼の作品であることがわかるほどのものです。
森や馬などをモチーフに選ぶことで知られており、東山魁夷との親交もありました。(魁夷の有名なモチーフでもある白馬や森などブラジリエとの関連があるのかもしれません)

アンドレ・ブラジリエの略歴

1929 アンドレ・ブラジリエはフランスのソミュールで画家の両親のもとに生まれる。
1949 パリのエコール・デ・ボザール(国立美術学校)に入学。モーリス・ブリアンションに師事。
1952 フロレンス・ブリュメンタル賞受賞。
1953 ローマ賞絵画部門のグランプリ受賞
1954 ムルロー工房で最初のリトグラフを制作
1961 青年画家展シャルル・モレ賞、ルペーニュの館を購入
1962 シュールロット賞 サロン・ドートンヌ委員、サロン・デ・チュイルリー委員
1977 東山魁夷画伯が壁画制作中の唐招提寺(奈良)にブラジリエ氏を招待する
1980 シュノンソー城に100点を集め、初の展覧会(回顧展)
1985 レイナルド・ハーン作、ピエール・ジュルダン演出、戯曲「ジブレット」のための舞台装置、衣装をブラジリエ制作
1989 金の木馬賞(アンジェ市名誉勲章)受賞

ブラジリエ 原画作品

※画像クリックで拡大、作品名クリックで個別の作品紹介ページに移動します。

探している作品がある方、作品の情報があるかもしれません…!!
こちらからお問い合わせ下さい。

Art Gallery

ページ上部へ