藤田嗣治

取扱い作家紹介 > 藤田嗣治

藤田嗣治(レオナール・フジタ)のご紹介

藤田嗣治は日本人であり、戦前からパリにて活躍した画家です(晩年にはフランス国籍を取得、この時の洗礼名はレオナール・フジタ)。
1886年(明治19年)に陸軍軍医の家に生まれ、その父の上司でもあった森鴎外からの勧めもあり、東京美術学校西洋画科に入学しました。
当時国内で主流だった「外光派」に飽きたらず1913年、26歳の時に渡仏。

パリのモンパルナスに住み、ピカソを初めとしたエコール・ド・パリと呼ばれる作家たちとの交流があり、影響を与え合いました。

独自のスタイルを追及する中で、日本における絵画の質感を、油絵で表現しようと励みました。

版画

※画像クリックで拡大、作品名クリックで個別の作品紹介ページに移動します。

取扱いをしている版画の情報や購入をご希望の方は
こちらからお問い合わせ下さい。

Art Gallery

ページ上部へ