f81729aaae43fd4ead9419f71491c595.jpg

リャド

取扱い作家紹介 > 洋画 > リャド

リャド「ロルカの詩Ⅲ」
リャド「ロルカの詩Ⅲ」

画廊アガティはリャドの版画をお取り扱いしています。

ご覧になりたい方は事前にメールかお電話にてお問い合わせ下さい。

リャドの紹介

夕暮れのサンタマリア教会
夕暮れのサンタマリア教会

リャドはクロード・モネを敬愛し、スペインのマジョルカ島にモネのアトリエがあったため、自分もマジョルカ島にアトリエを構えました。
モネが睡蓮をたくさん描いたことに影響を受け、リャドの睡蓮の作品も何枚かありますが、ただの真似では二番煎じになってしまうので、リャドらしさが取り入れられています。
睡蓮の作品では、絵の中に枠を描き、絵の中に絵があるようなスタイルも用いり、今でもそのスタイルに影響を受けている作家もいます。
人物画においては、ドガの再来とも言われ、ミロ・ダリに続くパーソナルオブイヤーにおける3人目のスペイン人アーティストとなりました。

略歴

1946 スペインのカタロニアに生まれる
1955 バルセロナで絵を描き始める
1961 バルセロナのサン・ホルヘ高等学校で絵画を学ぶ。
1965 サン・ホルヘ高等学校の助教授に課程修了を待たずして推薦される
1967 デッサンの教授の資格を得る
1988 パリで決定される世界中のいろいろな分野で特に活躍した人に対して贈られる「パーソナリティ・オブ・ザ・イヤー」に選ばれる。スペイン人のアーティストとしては、ミロ、ダリに続き史上3人目
1993 マジョルカ島で急逝(47歳)、死後国葬となった

版画

作品の内容は予告なく変更する場合があります。
※画像クリックで拡大、作品名クリックで個別の作品紹介ページに移動します。


取扱いをしている版画の情報を知りたい方や作品をお求めの方は
こちらからお問い合わせ下さい。

Art Gallery

ページ上部へ