東山魁夷

取扱い作家紹介 > 東山魁夷

画廊アガティ名古屋店での展示会風景
画廊アガティ名古屋店での展示会風景

画廊アガティでは東山魁夷の作品をお取り扱いしております。

作品の詳細はメールかお電話にてお問い合わせ下さい。

[TEL.052-841-4417]

東山魁夷の紹介

東山魁夷波濤リトグラフ
東山魁夷波濤リトグラフ

東山魁夷は文化勲章受章者であり、昭和を代表する日本画家の一人といわれ、昭和三山(東山魁夷・平山郁夫・加山又造のこと)などとも呼ばれています。
1947年日展での特選を得て以来、風景を題材として活動を展開、その世界を深く追求していきました。
青の使い方が美しく、東山ブルーなどと呼ばれており、荘厳で深淵な表現が人々を魅了して止みません。

非常に作品が手に入りにくい作家の一人であり、死後その人気は衰えるどころか増すばかりです。

東山魁夷の略歴

1908 横浜に生まれる
1911 3歳のとき、神戸西出町に移住
1921 兵庫県立第二神戸中学校入学
1926 東京美術学校(現東京芸術大学)日本画科入学
1929 第10回帝展に「山国の秋」(戦災で焼失)、初出品初入選
1931 東京美術学校卒業。研究科に在籍、結城素明に師事
1933 研究科修了後、ドイツへ留学
1940 川崎小虎の長女すみと結婚
1943 川崎小虎、山本丘人らと国土会を結成
1947 第3回日展に「残照」出品。特選となり、政府買い上げとなる
1950 日展審査員となる。以後歴任。
1956 日展出品作「光昏」で日本芸術院賞受賞
1960 東宮御所(現赤坂御所)壁画「日月四季図」完成
1965 日本芸術院会員に選ばれる
1969 文化勲章受章。文化校了者として顕彰される
1972 日中国交正常化にて、政府より毛沢東主席に贈られる「春暁」制作
1999 死去

東山魁夷の版画

取扱いをしている版画の情報などをご希望の方は
こちらからお問い合わせ下さい。

東山魁夷の工藝画

Art Gallery

ページ上部へ